小学校等の臨時休業に対応する保護者支援「委託・フリーランス向け」

お子様がいて仕事ができない方向けの支援制度です。
フリーランスの方のほか、「今後、フリーランスで活動予定だった」方も可能なようです。
締め切りは3/31まで。

以下一部抜粋

小学校等の臨時休業に対応する保護者支援
(委託を受けて個人で仕事をする方向け)
新型コロナウイルスの影響による小学校等の臨時休業等に伴い、子ど
もの世話を行うため、契約した仕事ができなくなっている子育て世代を
支援し、子どもたちの健康、安全を確保するための対策を講じるもの。
【対象者】
①又は②の子どもの世話を行うことが必要となった保護者であって、
一定の要件を満たす方
①新型コロナウイルス感染症に関する対応として、臨時休業等した
小学校等(※)に通う子ども
※小学校、義務教育学校(小学校課程のみ)、特別支援学校(高校まで)、放課後
児童クラブ、幼稚園、保育所、認定こども園等
②新型コロナウイルスに感染した又は風邪症状など新型コロナウイル
スに感染したおそれのある、小学校等に通う子ども
【一定の要件】
 個人で就業する予定であった場合
 業務委託契約等に基づく業務遂行等に対して報酬が支払われ
ており、発注者から一定の指定を受けているなどの場合
【支給額】
就業できなかった日について、1日当たり4,100円(定額)
【適用日】
令和2年2月27日~3月31日

【お問合せ先】
学校等休業助成金・支援金等相談コールセンター:0120-60-3999

関連記事

  1. 新型コロナウイルス感染症対策資金の運用を開始
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響により税務署に申請することにより、…
  3. 経営力向上計画 取得代行のお知らせ。加点ポイントになりました。
  4. 名古屋市1事業者あたり10万円(定額)
  5. 2021年度29兆円予算について
  6. 補助金と給付金の違い
  7. 【保険会社による金利0%特別融資】
  8. 政府によるコロナウィルス対策について。

公式LINE


友だち追加

PAGE TOP