借り方よりも「返し方」を考える

ここ数年、震災などの天災により追加融資を受けた企業様も多いと思います。
そして今回、新たに融資をすることで不安になる方も。

また相談される方の中には、「より多く融資を受けたい」そういわれる方も多くいらっしゃいます。

確かに多くの借入ができれば安心し事業を行うこともできるでしょう。
しかし、融資というのは借金です。

借金というのは当然、「返さなければいけないお金」ということ。

当然、借りると返済額も大きくなり、
あっというまに融資金額がなくなってしまう会社もでてきます。
借りると同時に返済シュミレーションをし、返済していけるのかを検討する必要があります。

仮に返済が難しくなるなら、借入期間を5年から10年にするなど、
毎月の返済額を減らすように先に金融機関に交渉する必要があります。

あとから返せなくなって返済を止めることもできますが、
その場合は次に融資が難しくなってしまいます。

借入を躊躇しるぎるのも良くはありませんが、無計画に借りれるだけ借りるというのも問題。

「借りれるだけ借りたい」という気持ちもわかりますが、再生しなければ意味がありませんし、
「追加融資に不安」と憶測だけで躊躇して動かず、
最悪な場合、倒産ということになれば、経営者のほか、従業員やその家族、クライアント、関連企業まで悪影響を及ぼします。

経営再生協会では、一過性の融資ではなく、継続的な企業再生を目的としています。
返し方を考え、新しい事業やプロモーション、販売戦略など統括した企業再生を考えてみてください。

経営再生協会は融資や補助金など、財務、経理だけでなく、
企画や販促の専門家も合わせて企業再生をサポートしています。

ご不明な場合はお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 補助金と給付金の違い
  2. 最大2.8億円の融資
  3. 2021年度29兆円予算について
  4. 【新サービス】補助金、助成金、借入に優位。経営力向上計画作成サー…
  5. 今は影響はないけど・・借入に抵抗ある方へ
  6. 工場向けサプライチェーン対策のための 国内投資促進事業費補助金 …
  7. 11/19まで「中小企業の新しい生活様式・働き方対応支援補助金」…
  8. 雇用調整助成金 返済不可 すでに休業でももらえる

公式LINE


友だち追加

PAGE TOP